文具部

ぺんてる「ORENZ(オレンズ)」0.2mm ホンマに折れへん?

更新日:

「芯が折れないシャープペンシル」ORENZ 開封・分解

はじめまして、物欲買太郎です。
大阪在住の独身事務職中年です、みなさんよろしゅうたのんます。

このブログでは、ただの浪費家である管理人物欲買太郎が物欲に忠実に従い購入したものやオススメのものを独断と偏見でレビューしたいと思いま。

初回はLOFTで昨日衝動買いしたシャーペン。

 

ペンテル 「ORENZ(オレンズ)0.2mm」限定カラー。

色はブルーにしてみました。
せっかくなんでちょっとええやつにしてみましたわい。

 

ついでに

0.2mmの替え芯も購入。

200円(税別)で20本入り、安いもんなんかな?
0.2mmの替芯やなんて買うたことないよってに相場がわからんわい・・・

でも個人的にはAinの芯が一番好きです。
Uniは書くときキュッキュキュッキュ言って寒くなってまうから。

それにしても0.2mmなんてシャーペン初めて買ったんやけど、大丈夫かいな?

 

まず開封・分解

早速開封。

さすが1,000円もするだけあってアルミの質感も非常にええ感じです。
このガイドパイプ、芯が入ってないとスコスコなんですな。

 

そうそう、芯を出さないで書くんやね。
芯が減っていくとガイドパイプもへっこんでいくっていう機構なんですな。

それにしてもガイドパイプで紙とか引っ掛けたりせえへんのやろか?

 

そして分解。
口金からガイドパイプがぼろっと出てきました、早速破壊してしもたんかと思ったわい。

 

消しゴムにクリーナーピンが付いてま。
これは助かりまんなぁ、なんかちょっとカワイイし。

 

筆記

さっそく筆記して検証しませう。

買太郎は大人の字が書けなくってお恥ずかしい限りなんですが、結果としては大満足です!

上の写真は買太郎の超お気に入りロットリングのRapid0.5mmとの比較です。
ORENZのほうは買うたときに入っていたHB(多分)、RapidはBなんで字の濃さが違うのはあしからず。

買太郎は筆圧が異常に高いんですが、ぜんぜん芯が折れまへん。
ガイドパイプも引っ掛かったりすることもなく、スムーズそのもの。

買太郎はただの事務職なもんで製図もせぇへんし絵を書くこともあんまりないんやけど、これやったら普段から0.2mm使おうかと思うくらいの衝撃でした。
狭いトコロに小さい文字書くことが多い仕事なもんで。

こりゃ、ええ買いモンしましたわ。

第1回目はぺんてるの「ORENZ」の話でした。

ほなさいなら。

楽天

-文具部

Copyright© 物欲ブ。 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.