カメラ新着

カシオ「G'z EYE」ブランド発表

更新日:

強いヤツ来た~!カシオ「G'z EYE」アクションカメラ

カシオがタフネス機能を備えたアクションカメラの新ブランド「G'z EYE(ジーズアイ)」を新たに立ち上げました。
第1弾製品として、10月27日に「GZE-1」が発売されます。

店頭価格は5万円前後になる見込み。

 

 

GZE-1

強さと使いやすさを追求したタフネスデザイン

「Ultimate Tough」をコンセプトに、独自の世界観を構築。
ハードな使用に応える堅牢性、ツールとしての実用性を備えながら、ストリートやエクストリームシーンに映えるクールなスタイルを実現。

ノールックでも操作できるよう各ボタンを大型化し適正位置にレイアウト。
ボタントップにローレット加工を施し、本体側面にスリットを刻むことでグリップ性を向上させています。

 

 

G-SHOCKにインスパイアされた強化構造を独自開発!

ストリートやエクストリームの世界で求められる「強さ」を徹底追求。

  • 耐衝撃:落下4m
  • 防水:水深50m
  • 防塵:IPX6X
  • 耐低温:-10℃

まさにカメラ版のG-SHOCK。
いつでも、どこでも、どんなシーンでも、壊れることを気にせず思い切り使えます。

 

 

カメラとしての機能もバツグン!

[EXILIMエンジンHS Ver.3]

デュアルパイプライン処理回路(2つのCPU+2つのISP※1)と高速で画像処理を行うDRPにより、複雑な画像処理を実行しながらも次々とシャッターを押せる高速性を実現。

 

 

[超広角撮影]

FHD動画撮影時170.4°、静止画撮影時190.8°の超広角レンズを搭載。
35mm換算で13mmという超広角撮影ができます。

 

 

[ドラマチックスロー]

動画撮影時、スローボタンを押した瞬間の前後を通常の4倍または8倍のフレーム数でハイスピード撮影。
ここぞ!という瞬間をスーパースローにすることができます。

 

その他にも、30fpsの高速連写、パスト連射、タイムラプス、3軸対応動画手振れ補正、FHD動画連続撮影といった機能が盛り込まれてます。

細かい操作は基本スマートフォンで行うようですね。

 

オプションも続々と!

マルチアングルスティックやチェストマウントハーネス、リモートコントローラーをはじめ、電動ジンバルまでも発売予定です。

カシオの本気が伺えます。

 

 

主な仕様

  • 有効画素数:690万画素
  • 撮像素子:1/2.3型CMOS(裏面照射型)
  • 焦点距離:13mm(35mmフィルム換算)
  • 絞り:F2.8
  • 撮影可能範囲:約40CM~∞
  • サイズ:74.1×75.0×46.4mm
  • 重量:172g

 

物欲寸評

いやぁ、ついにカシオから出ましたね。
そりゃ世界に誇る「G-SHOCK」を発売してるメーカーですもんね、アクションカメラ分野に参戦しない訳ないですよ。

しかも圧倒的なタフネス性能、ワニに噛まれても大丈夫なんだとかなんとか。

それにしてもここ数年のカシオは超広角に強いですね。
EX-ZR4000、4100という19mm超広角コンデジを発売したり、カシオ独自の技術を持ってるんでしょうか。
超広角の需要は多いと思うんで、カシオさん頑張ってほしいです。

楽天

-カメラ新着

Copyright© 物欲ブ。 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.