カメラ部 カメラ関連レビュー

「SEL30M35」SONY 単焦点マクロレンズ【開封・実写レビュー】

更新日:

「SEL30M35」購入、実力やいかに!(作例もあるよ)

マクロレンズは商品撮影・ストックフォトの必需品

めっちゃ今更ですが、ソニーのEマウントAPS-C用マクロレンズ「SEL30M35」を購入しました!

僕はマクロレンズを持ってなくっていっつもコンデジかエクステンションを付けて撮影してたんやけど、
このブログのため、そしてストックフォトには不可欠のため、購入した次第です。

まぁ、理由なんかなんでもええんですよ。
物欲買太郎は欲しくなったらすぐ買うんです。

特徴

SEL30M35の特徴はと言いますと・・・

  • ソニーEマウント APS-C用マクロレンズ
  • 焦点距離 30mm
  • 開放絞り値 F3.5
  • 最短撮影距離 0.95m
  • 最大撮影倍率 1.0倍

最大撮影倍率1.0倍なんでなにしろ寄れる!

注文・即到着

アマゾンで注文したらすぐ届きました。
配送業者といろいろあるようですが、さすがです。

 

開封

早速開封しましょう。

 

内容はプチプチに包まれた本体、説明書、使用前のご注意、保証書です。
このあたりは他のソニーのレンズと一緒ですな。

 

いかにもソニーらしいデザイン、色はシルバーしかないんですね。
フードはちょっと独特です。

 

もちろん使用前のご注意なぞ読まずα6000に装着。
白のボディーカラーに絶妙にマッチしますな~。

 

最短撮影距離 0.95mの世界

SEL30M35は言わずと知れたマクロレンズです。

 

最短撮影距離0.95cmってこんな距離。
めっちゃ寄れます、芯がレンズに突き刺さりそうです。

 

最大撮影倍率1.0っていうのは、フルサイズ機のセンサー(横幅36mm)に換算してぴったり1.0倍の大きさで写せますよってことですね。
定規に寄ってみたけど36mmよりも寄れているような・・・そもそもピントが合ってるんかどうかもわかんないですがα6000ではここまで寄っても合焦してくれました。
少し歪曲があるのもわかります、ちゃんと端っこ合わせりゃよかった。

 

 

先日購入したORENZ0.2mmにも寄ってみまっせ!
RAWから露出補正だけしたものです。

 

グッと拡大。
買太郎はこれまでキャノンのSX720HSでマクロ撮影してきたけど、これは圧巻。
言うときますがこれ、0.2mmの芯です。

 

標準レンズとしても

SEL30M35は35mm換算で45mmの標準レンズとしても使用できます。

今回は室内撮りだけですが部屋にあったいろんなものを撮ってみたくなったもんでどうぞ。

衝動買いしてとっても気に入ってるGRⅡ。

 


同じく衝動買いしたけど使う勇気の出ない付箋。

 

崩れたときの音が思ったよりうるさくってお蔵入りしたジェンガ。
やっと役に立ってくれよったわい。

 

ボケますのん?

せっかくジェンガを引っ張り出してきたんでボケ具合でも。

5cmごとにジェンガを並べてF値を変えて撮ってみました。

f3.5

f8.0

f18.0

開放F値こそ3.5と控えめですが、寄って撮ってるだけにけっこうボケてくれます。

 

オモロいレンズ!

なによりマクロレンズってオモロいんですわな!
その辺のもん撮りまくってます。

写りに関してはあまり評判がよくないようなんですが、ブログで撮影するくらいには必要十分に写ってくれます。
確かにカリッカリって描写じゃないですが、2万円前後で買えるレンズとしては上出来です。

そしてめちゃ軽い!
138gしかないんで持ち運びもラクラクです。

標準単焦点レンズとしても普通に使えるんでEマウントユーザーはおひとつ持っていて損はないんじゃないでしょうか。

楽天

-カメラ部, カメラ関連レビュー
-,

Copyright© 物欲ブ。 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.