カメラ部 カメラ新着

【カメラ部】遂に出た!FUJIFILM「X-H1」

更新日:

【本命】2018年一番注目のカメラ!


ついに、ついに出ました!
Xシリーズのフラッグシップ機「X-H1」!

発売前からリークされていた情報どおりの仕様となってますね。

発売日は3月1日。
店頭予想価格は24万前後の見込。

 

ボディ内手振れ補正搭載

手振れ補正は5軸対応、最大約5.5段分の効果を発揮。

撮像素子はAPS-Cサイズの有効2,430万画素X-Trans CMOS III。
画像処理エンジンはX-Processor Pro。
X-T2やX-Pro2と同じ撮像素子と画像処理エンジンですが、実績のあるシステムを使ってむやみに高画素化させないあたりFUJIFILMらしいともいえますね。

AF機能も向上していて像面位相差AFの低照度限界が0.5EVから-1EVへ約1.5段分拡張されてます。

まさに死角のない1台となりましたね~。

 

フィルムシミュレーションに「ETERNA」追加

FUJIのミラーレスといえばフィルムシミュレーション。
X-H1には映画用撮影フィルムをシミュレーションした「ETERNA」(エテルナ)が追加されてます。
落ち着いた発色と豊かなシャドウトーンが特徴で動画撮影に適しているんだとか。
もちろん静止画にも「ETERNA」は使えます。

さらに表現の幅が広がりますね!

 

外観はGFX50Sっぽいかな~

 

「X-H1」の外観はX-T2とGFX50の合いの子って感じです。

全体的にはX-T2を踏襲した造りなんですが、軍幹部上面の表示パネルとグリップはGFX譲り。
買太郎個人的には大好きなX-T1、X-T2のデザインをもっと押し出してほしかったところですがこれはこれでカッコイイですね。

あとはこれだけの機能を搭載してるんで当たり前なんですが、X-T2よりも大型化、重量は166g重くなってます。
フラッグシップ機なんで当たり前なんですが、ちょっと気軽に持ち出すには大きすぎ、重すぎかなぁ~とか思ってしまいますね。

結局どれだけ持ち出せて使う気にさせてくれるかなんですね、カメラって。

逆に言うとプロユーザー向けの製品なんですね、この「X-H1」は。
FUJIFILMはレンズも申し分ないし、本気でFUJIに乗り換えるプロカメラマンも出てくるんじゃないでしょうか。

楽天

-カメラ部, カメラ新着
-, , ,

Copyright© 物欲ブ。 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.